【マネーセミナー】トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」

facebookgroupe

メディアを賑わせた「老後2000万円問題」とは、いったい何だったのでしょうか。

きっかけとなったのは、 『金融審議会「市場ワーキング・グループ」報告書」という名前のレポートでした。51ページにもわたる内容ですが、ここで言わんとすることを端的に表現するとしたら、 「公的年金で足りないお金は、自分たちで準備してください」となります。

「年金世代は、受給額だけだと平均して毎月約5万円の赤字が発生するので、月々5万円の赤字で平均寿命までの30年余りを生きるには、約2000万円の蓄えが必要」との見解を報告書に示したことが、大きな波紋を呼び起こしたのです。

あまりの反響の凄さにたちまち金融相がこの報告書を撤回しましたが、実は、報告書そのものは、よくまとまっています。波紋は呼んだけれども、まだ現役世代が老後のマネープランについて真剣に考える1つのきっかけにはなったのではないでしょうか。

しかし、です。そもそも論として、公的年金の発足当初から「公的年金さえあれば、あなたの老後は安泰です」という設定にはなっていません。

上記の報告書から遅れること約2ヶ月。年金の健康診断と言われる「財政検証」が発表されました。そこに出ていた「所得代替率」という言葉をご存知でしょうか?

所得代替率とは、現役時代を100%として、年金世代ではどれくらいの割合が受け取れるかを示す数値です。「所得代替率が50%を割らないようにする。それが割るようなことがあったら、制度そのものを抜本的に見直す」としています。

つまり、今の公的年金制度を維持するためには50%を死守する必要があるのですが、経済成長率がマイナスの場合は50%を下回ってしまう想定がシミュレーションされました。

そのため、政府は年金制度そのものを延命させるための手段として、あの手この手で支給を抑制し、支給開始年齢も遅らせようとするでしょう。今後も、雇用延長を企業に要請しつつ、現在65歳の支給開始を「70歳」「75歳」「80歳」…と後ろ倒しにしていくことは間違いありません。

まさに、老後のマネープランは待ったなしの状況です。
「自分の老後は、本当はいくら必要なのか?」
「足りない分をどうやって補えばいいのか?」
「自分のためのマネープランを、どうやって組み立てて行けばいいのか?」

そこで、こうした声にお応えするために、拙著 『トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」』(日本経済新聞出版社)をベースにしたマネーセミナーを企画しました。

もし、こちらのページをご覧になって、「自分の将来のために具体的に行動したい」という方がいましたら、ぜひ足をお運びいただければと思います。

◆マネーセミナー概要


老後に向けたマネープランの作り方・「老後の安心感」と「現役時代の充実」の
両立・資産形成をするための3ステップ
・老後資金を計算する方法及びケーススタディ
・「攻めるステージ」と「守るステージ」の特徴
・投資利回りの相場観を知る
・お金に対するエンディングの考え方

*個々のテーマは時流に合わせて入れ替わることがあります。

◆当セミナーは、こんな人におすすめです!

□将来の年金制度に不安がある
□漠然としたお金の不安を取り除きたい□老後
の安心感を得たいと
思っている□老後の生活に必要な金額を知りたい
□プロが推奨するマネープランの方法論を学びたい

■開催日時/場所
第172回7月05日(日)14:00〜16:00オンライン

◆オンラインではなく「Zoom」を使用します。Zoomの使い方
等については、下記申込みページの概要欄に記載してあります。
参加用のZoom URLは後日メールにてお知らせいたします。

■参加費メルマガ読者はクーポン
のご利用で参加費1540円(税込)となります。
参加特典として俣野成敏著書 『トップ1%の人だけが知っている「最高のマネープラン」』がプレゼントとなりますので、実質無料でご参加いただけます。

下記よりメルマガにご登録いただき、メルマガ本文に記載されるご優待コードをご確認ください。(どのメルマガにも優待コードは記載されます。)

https://www.matano.asia/mailmagazine/

通常価格4,000円(税抜)
*申込フォームに記載の方法で事前決済いただいた方からお席を確保します。

◼️お申し込みフォーム
https://matano.thebase.in/items/26591497

講師【俣野成敏プロフィール】
ビジネス書著者/投資家/ビジネスオーナー
30歳の時に遭遇したリストラ同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜抜され、さらには40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任する。
2012年の独立後は、フランチャイズ2業態6店舗のビジネスオーナーや投資家として活動。投資にはマネーリテラシーの向上が不可欠と感じ、現在はその啓蒙活動にも尽力している。自著 『プロフェッショナルサラリーマン』が12万部、共著 『一流の人はなぜそこまで、◯ ◯にこだわるのか? 』のシリーズが13万部を超えるベストセラーとなる。近著では、『トップ1%の人だけが知っている 』(日本経済新聞出版社)のシリーズが11万部に。著作物のは46万部。ビジネス誌の掲載実績多数。 『MONEY VOICE』 『リクナビNEXTジャーナル』等のオンラインメディアにも数多く寄稿。 『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』を4年連続で受賞している。

>副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』は、サラリーマンのまま副業を立ち上げ、いずれはサラリーマンを副業にしようという方のためのプロジェクトです。
現時点で「(1)専門性がある場合」でも「⑵専門性がない場合」でも、一人ひとりが個人事業主としての目標を達成することを手助けします。
具体的には、月2回ペースにて、俣野成敏による「オンライン講義&グループコンサルティング」を行い、さらにご希望の方には、認定コーチ陣による個別フォローも行います。
詳細は、『【副業アカデミーセミナー】はじめて個人事業を起こす具体策』にてご確認ください。 あなたと新しいフェイズを創造することを楽しみにしています。

CTR IMG