副業を始めることが、節税にもつながるってホント?

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 サラリーマンの平均年収が400万円台で推移している昨今、「副業をして収入を増やそう」と考えている人も多いのではないかと思います。

 実は、副業をするメリットは、それだけにとどまらないということをご存じでしょうか。サラリーマンが副業を始め、その副業が事業として認められれば、節税も可能になります。

 

 ただ、一口に「副業をする」と言っても、実際はいろいろな職業があり、「何をするか?」によって、税法上の扱いも異なります。たとえば、本業であるサラリーマンの収入が給与所得であるということは、すでにご存じのことと思います。

 代表的な副業の収入を挙げてみましょう。

 

 1つ目、本業以外にアルバイトを始めた場合、それも給与所得に含まれます。

 2つ目に、個人事業主として自分のビジネスを立ち上げた場合、それで得た収入は事業所得になります。事業所得は、給与所得との通算が可能です。ただし、事業所得として認めてもらうには、あらかじめ開業届を出しておく必要があります。

 3つ目に、不動産所得が挙げられます。サラリーマンがよく行っているのが、ワンルームマンションを購入し、それを賃貸することで家賃収入を得て、その中から物件の減価償却を行い、経費として計上するという大家業です。

 4つ目に、譲渡所得があります。譲渡所得とは、土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの資産を譲渡して得た収入のこと。この中では、株式投資が多いでしょう。ちなみに、株主として受け取る配当は、配当所得という別の所得になります。

 5つ目は、雑所得です。概念的には「その他の所得」になります。たとえばビットコインの売買で得たキャピタルゲイン(売却益)やFXによる収入、シェアリングエコノミーで得た収入、ネットオークションによる収入などが、雑所得に分類されます。公的年金なども、この中に含まれます。

 ザッと挙げただけでも、これだけの種類の収入があります。

 

 まずは、自分がやろうとしている副業が所得税法上、何の所得に該当するのか?を知っておく必要があります。当メルマガでオススメなのは、2つ目の個人事業主として事業を始めることです。

 事業者になると、自分で経費を決めることができます。税金は、売り上げから経費を差し引いた利益に対してかかってきますので、経費が多ければ利益もその分減り、税金を安くできる、ということになります。

 実は、サラリーマンにも費用計上が認められています。ところがサラリーマンの場合は、あらかじめ費用が決められてしまっており、それ以上の経費を計上したい場合は、会社の証明などが必要になります。

 

 では、どのようなものが経費にできるのかというと、たとえば携帯電話代や飲み代などを「事業のために使用している」と合理的に立証できるのであれば、経費にできます。

 もともと支出していたものが、経費として認められることで、その分、収入を減らすことができ、結果的に節税になる、というわけです。

 

 せっかく苦労して副業を始めるからには、ぜひ、こうした制度も上手く活用することを考えてみてください。節税を味方にできれば、手元の資金をより良く活用できるようになることは、言うまでもありません。

 

【メルマガ読者特典あり】

★「個人事業主として副業を始めたい」という人はこちら↓

https://www.matano.asia/seminar/

 

 ありがとうございました。

>副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』は、サラリーマンのまま副業を立ち上げ、いずれはサラリーマンを副業にしようという方のためのプロジェクトです。
現時点で「(1)専門性がある場合」でも「⑵専門性がない場合」でも、一人ひとりが個人事業主としての目標を達成することを手助けします。
具体的には、月2回ペースにて、俣野成敏による「オンライン講義&グループコンサルティング」を行い、さらにご希望の方には、認定コーチ陣による個別フォローも行います。
詳細は、『【副業アカデミーセミナー】はじめて個人事業を起こす具体策』にてご確認ください。 あなたと新しいフェイズを創造することを楽しみにしています。

CTR IMG