「副業を始めたいのに行動できない」時はどうすればいい?

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 最近、ことあるごとに取り上げられる副業。実際、どれくらいの人が、すでに始めているのでしょうか?

 2020年8月に行った厚生労働省の調査によると、現在、副業をしているのは、働いている人全体のおよそ9.7%でした(厚生労働省「副業・兼業に係る実態把握の内容等について」)。

 まだまだ、「世の中に副業が浸透した」とは言えない状態です。

 

 もし「自分も副業を始めたいけれど、なかなか一歩を踏み出せない」と感じた時は、どうしたらいいのでしょうか。

 気後れする気持ちを奮い立たせて行動するには、「どうしてもこれを成し遂げたいという想いがあるかどうか?」が大切です。

 

 こういうと、なんだか精神論めいているように聞こえるかもしれませんが、気合だけでは、行動し続けることはできません。

 しかし、頭の中で「これを続ければ目的を達成できる」という理由付けができていれば、それが行動の原動力になります。行動が習慣化すれば、やるのが当たり前になります。

 

 人が、今までやっていなかったことを始めて、それを自分の中に浸透させるまでには馬力が必要です。その馬力となるのが“想い”なのです。

 

 では、どうすればその想いを持つことができるのか?というと、「自分の欲と恐怖を書き出すこと」です。それには、3つの理由があります。

 

1、動機付けは欲と恐怖しかない。

 結局のところ、人が動く理由は、「欲に近づきたい」か「恐怖から逃れたい」かの、どちらかです。過去のご自身の行動を振り返ってみると、わかると思います。

 

2、「欲と恐怖を知る」ことは、「自分と向き合う」ことに他ならない。

 自分の欲と恐怖に向き合うのは、必然的に自分の内面と向き合うことになります。そうなれば、自分が本当に求めているものが見えてくるでしょう。

 

3、自分を客観的に見られるようになる。

 自分自身と対話をすることで、自分を客観視できるようになります。それができれば、他人の立場でものごとを考えることもできるようになります。

 

 私は現在、自分のビジネスの合間に副業オンラインアカデミーを開講しています。当講座を受講いただいている方には、必ずこの欲と恐怖を書き出すワークをしていただいています。

 

 たとえば、当講座の受講生である医師のYさんにも、最初にこのワークをやっていただきました。

 実は、当講座を始めた当初のYさんは、副業に後ろ向きだったそうです。

「新しいことを始めるのが怖かった」というYさん。しかし、ワークをやった結果、「副業を始めないと、自分の望みが叶えられない」ことを自覚するようになりました。

 最初は、恐る恐る行動していたYさんですが、行動が結果に結びつくようになると面白くなり、今では年間100万円以上の副収入を得ています。

 

「行動の動機付け」「自分と向き合う」「自分を客観視する」というこの3つは、どれも「副業=自分のビジネス」を始める際に欠かすことができないものです。

 もし、これをお読みの方の中で、「副業を始めたい」「でも、なかなか行動に結びつかない」とお悩みの方がいれば、ぜひ欲と恐怖のワークをやってみることをオススメします。

 

 ワークのやり方は簡単で、別々の紙に「欲」と「恐怖」を書き出すだけ。「こうしたい」といったことや、「こうなったらイヤだ」といったことを書き出してみてください。

 書き出す際は、なるべく詳細に書くことを意識すること。出し切る感覚で絞り出すイメージです。似たような内容の項目は、後で消去すればOKです。

 

 ワークを行うことで、見えてくるものが必ずあるのではないかと思います。

 

【メルマガ読者特典あり】

★「副業の始め方について、より具体的に知りたい」方はこちら↓

https://www.matano.asia/seminar/

 ありがとうございました。

 

>副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』は、サラリーマンのまま副業を立ち上げ、いずれはサラリーマンを副業にしようという方のためのプロジェクトです。
現時点で「(1)専門性がある場合」でも「⑵専門性がない場合」でも、一人ひとりが個人事業主としての目標を達成することを手助けします。
具体的には、月2回ペースにて、俣野成敏による「オンライン講義&グループコンサルティング」を行い、さらにご希望の方には、認定コーチ陣による個別フォローも行います。
詳細は、『【副業アカデミーセミナー】はじめて個人事業を起こす具体策』にてご確認ください。 あなたと新しいフェイズを創造することを楽しみにしています。

CTR IMG