社員の副業を後押しする大企業の真意とは?

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

 

 最近は、「もっとも保守的な業界の1つ」と言われる銀行でさえも、副業を解禁する世の中です。

 

みずほ銀行 社員を副業で武者修行か

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGH1912N0Z11C20A2000000

 

 やはり、時代の流れには抗い難い、ということなのでしょう。

 

 銀行が副業解禁を進める背景にあるのは、以下の3点だと考えられます。

 

1、限定的に認めることで、従業員の副業を会社のコントロール下に置く

2、早めに解禁することで、会社のイメージアップを図る

3、社員が副業で事業主としての経験を積むことで、会社側は労せずして貴重な経営者人材を得られる可能性がある

 

 みずほ銀行の副業制度には、腑に落ちない点もあります。それは、「収入を増やしたいといった理由のみで行う副業はNG」となっている点です。

 元来、社員が副業をしたいのは、収入を増やしたいからです。しかし記事を読むと、副業許可の判断基準は「社員の成長にある」となっています。

 

 確かに副業をすれば、社内ではできない経験が積めるでしょう。けれど、それでビジネスパーソンとして成長するのは、「顧客を満足させようと努力することで、結果的にそうなる」だけの話です。

 それなのに、最初から自分が成長することを目的にしてしまうと、単なる趣味で終わってしまう可能性があります。

 

 実際、世間にはサラリーマンの方で、副業をしようとして“無料奉仕”を続ける人が少なからずいます。

 自分のサービスを知ってもらうために、お試しをすること自体は問題ありません。しかし、期限を決めずにいつまでもお試しを続けてしまうパターンが結構、見られます。

 お金をもらえないビジネスは、ビジネスとは呼べません。その場合は、ビジネスの見直しが必要です。

 なのに、「そのうち相手も商品のよさに気づいてくれるのではないか」という見込みのない期待を抱いて、無料お試しを続けているのです。

 

 残念ながら、自分の一方的な思いだけではビジネスは成立しません。相手の満足があって、初めてビジネスとして成立するのです。

 

 本来、顧客にとって、サービス側が成長するかどうかは関係ありません。

 考えてみればわかりますが、私たちは普段、買い物をしている際に「この商品を買うことで、販売者が成長するかどうか?」とは考えていないはずです。

 買い手はただ、自分の希望が満たされればいいだけです。

 

 無論、副業を始める人が「副業を通じて成長したい」「自分の理想を実現したい」と考えるのはいいでしょう。しかし、商売とはあくまでも「顧客の需要を満たすことが大前提である」ことを忘れてはいけません。

 

 もともと、世の中に「お金が稼げるだけのビジネス」など存在しません。

 サービス提供者が、どんなに自信満々の商品を開発したとしても、それを買うかどうかを決めるのは顧客です。

 人は、たやすくお金は出しません。だからこそ、サービスを提供する側は、顧客を喜ばせようと知恵を絞るのではないでしょうか。

 

 まとめると、「保守的な銀行業界ですら副業を解禁し始めている」というのは、大きな変化であるのは間違いないでしょう。ただ、みずほ銀行の事例は、どこか中途半端な印象が拭えないのも事実です。

 

 副業といえども、立派な事業です。社員が自分の意志で、会社の業務とは関係ないところで自分の事業を立ち上げる以上、会社も余計な口出しをすべきではないでしょう。なぜなら、副業を立ち上げた時点で、社員はその事業の“事業主”になるわけですから。

 従業員として守るべきモラルはあるにせよ、会社側も、他人(従業員)のビジネスに口出しするほど野暮な話もない、と思う次第ですが、いかがでしょうか。

 

【メルマガ読者特典あり】

★「会社に縛られず、副業を自分で立ち上げたい」方はこちら↓

https://www.matano.asia/seminar/

 

 ありがとうございました。

 

★副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

https://the-sp.jp/

>副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』は、サラリーマンのまま副業を立ち上げ、いずれはサラリーマンを副業にしようという方のためのプロジェクトです。
現時点で「(1)専門性がある場合」でも「⑵専門性がない場合」でも、一人ひとりが個人事業主としての目標を達成することを手助けします。
具体的には、月2回ペースにて、俣野成敏による「オンライン講義&グループコンサルティング」を行い、さらにご希望の方には、認定コーチ陣による個別フォローも行います。
詳細は、『【副業アカデミーセミナー】はじめて個人事業を起こす具体策』にてご確認ください。 あなたと新しいフェイズを創造することを楽しみにしています。

CTR IMG