副業を始める際に、本当に必要なモノって何?

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

「副業をしたいなぁ…」と思っている人は多いと思います。

 とはいえ、「どんなことをしたらいいのかわからない」というのが、大半の人が抱える悩みではないでしょうか。

 この悩みに対する一番手っ取り早い解決法とは、「空いている時間を使って、もっと働くこと」。たとえば最近は、個人が輸送を担い、商品を運んでいる姿をよく見かけるようになりましたよね?

 収入を増やす手段としては、手軽で自由が利く、というので人気ですが、一方で、トラブルも増えています。

ウーバーイーツの労働組合 報酬切り下げの説明を要求

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52984590V01C19A2HE6A00/

 12月5日、フードデリバリーのウーバーイーツが「一方的に報酬を切り下げた」として、配達員たちがウーバー法人に説明を要求。配達員からなる労働組合が会見を開き、本件を労働委員会に申し立てる方針を明らかにしました。

 これに対して、ウーバー法人は「労働組合法上では『雇用する労働者』に該当しない」として、交渉を拒否している模様です。

「なぜなら、配達員は個人事業者であって、雇用しているわけではないから」というのが、ウーバー法人の主張です。

 やっていることは一見、同じに見えるものの、実際は“個人事業者”と“雇用者”では、立場が大きく違います。

 だったら、個人事業者と雇用者の違いが何かというと、簡単にいえば「契約が違う」ということです。

 雇用者の場合は、使用者(事業者)との間に雇用契約を結んで、使用者の指示に従って決められた期間、労働を行い、その対価として賃金を受け取ります。

 個人事業者は、多くの場合、別の事業者から業務の一部分のみを請け負い、結果に対して報酬を受け取ります。

 副業といえども、「自分で事業を始めよう」と思ったら、それは立派な“個人事業者”です。たとえば、先の運送業であれば、「他社から配送を請け負い、顧客の元に配送する」ということを事業内容にしている、ということになります。

 そもそも、サラリーマンの方は「自分の売り物(商品)」と「自分の顧客」という、商売に必要な2大要素を持っていません。

 早い話が「会社が用意した商品を、会社が用意した顧客に対して売っている」のがサラリーマン、というわけです。

 ということは、逆に言うと、この2つさえあれば商売はできる、ということになります。

 実のところ、冒頭でお話しした「どんなことを副業にしたらいいのかわからない」という悩みは、2大要素のうちの「売り物」の悩みに他なりません。

 しかし、これは他人のものを売ればいいだけの話であって、必ずしも自分で新たな売り物をつくる必要はありません。

 つまり、商売で大事なのは、売る力のほうなのです。

 この度、副業をお考えの方に向けて、初の「個人事業(副業)セミナー」を開催いたします。

 何を隠そう、私もサラリーマン時代に副業から始めて、現在に至っています。

 サラリーマン時代に立ち上げたフランチャイズ事業が、今では2業態6店舗に拡大し、年商5億円企業に育っています。フランチャイズ業は、まさしく他人のモノを売っている典型です。

 同じくサラリーマン時代に始めた書籍の出版でも、今では45万部へと版を重ねています。実はこれも、多くは他人との共著です。

 今回は、私のこの「他人のモノを売る」方法を伝授します!

▼詳しくはこちら▼

http://www.matano.asia/seminar/

 本セミナーでは、これまで一般の方向けのセミナーでは語ってこなかった「他人のスキルを事業化するノウハウ」「顧客との信頼関係のつくり方」「売れる商材の見つけ方」「相手の心に刺さるセールス術」などをお伝えしています。

 売る力があれば、世間に埋れている良い商品を見つけ出し、代わって売ることも可能となります。

 むしろ、世の中は「多くの商品が売れるのを待っている」状態だとも言えるのです。

 副業にご興味がございましたら、ぜひ覗きに来ていただければと思います!

 

引用元:

https://ameblo.jp/narutoshi-matano/entry-12562266640.html

>副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』は、サラリーマンのまま副業を立ち上げ、いずれはサラリーマンを副業にしようという方のためのプロジェクトです。
現時点で「(1)専門性がある場合」でも「⑵専門性がない場合」でも、一人ひとりが個人事業主としての目標を達成することを手助けします。
具体的には、月2回ペースにて、俣野成敏による「オンライン講義&グループコンサルティング」を行い、さらにご希望の方には、認定コーチ陣による個別フォローも行います。
詳細は、『【副業アカデミーセミナー】はじめて個人事業を起こす具体策』にてご確認ください。 あなたと新しいフェイズを創造することを楽しみにしています。

CTR IMG