続く社会保険料負担の増大に、打つ手はあるのか?

こんにちは。俣野成敏(またのなるとし)です。

厚生年金の加入義務が、また拡大される模様です。

国は義務付けを拡大させることによって、逼迫している保険料収入を増やし、財政を安定化させたい、ということのようです。ただし、保険料は労使の間で折半となるため、中小企業からの反発は必至の模様です。少子高齢化が進むにつれて、この傾向はますます顕著になるのは間違いないでしょう。

先日、私が共催しているマネーコミュニティ内で、会員の方よりこのような質問が寄せられました。「今後は会社員だけで生活していくことは可能でしょうか?このままでは、定年後も余裕のある生活をするのはかなり厳しいように感じられるのですが」と。

総務省統計局による「2017年世帯属性別の家計収支」の調査によれば、60歳から69歳世帯の消費支出は、約29万円。70歳以上の世帯では約23万5000円でした。この数字が、「老後の安心感を得た上での消費」なのか、それとも「将来への不安から、ある程度は我慢した結果」なのかは、伺い知ることができません。

「実際に、いくらあれば老後資金は足りるのか?」という質問は、質問者の求めるレベルや、当人の現在の資産状況、家族構成等によっても変わってくるでしょう。ですから私のコミュニテイでは、「自分で自分の定年が決められる状態になる」ことを目標にしています。

自分で自分の定年が決められるようになるためには、先に老後の安心感を確保することが必須の条件になります。それが実現できれば、早期リタイアももちろん可能ですし、そのまま仕事を続けることもできます。要はある意味、お金に縛られない状態をつくり出すことができわけです。それを実現する有力な手段の1つが、ハイブリッド・クワドラント(収入源を複数持つ)です。

いずれ、働き方改革が定着し、サラリーマンは誰でも副業を持つのが当たり前の世の中になるでしょう。けれども、サラリーマンを2つ掛け持ちすることは、「どちらも定年がほぼ同じ」ということを意味します。それに対して、たとえばサラリーマンと投資家の組み合わせであれば、サラリーマンが定年を迎えても、投資をやめない限り、配当収入等が期待できます。もしくは自営業との掛け持ちにすれば、それこそ自分の定年を自分で決めることが可能となるのです。

★こんな悩みを解決します!

  • 副業を始めたいが何から始めて良いか分からない
  • 資産形成にも興味はあるが、まずは自力で稼げるようになりたい
  • 副業を考えているので「やってはいけない地雷」を知っておきたい
  • 独立も視野に入れて副業に取り組みたい
  • その場限りのノウハウでない、時代の波に乗れる方法を学びたい

▼詳しくはこちら▼

http://www.matano.asia/seminar/

 本セミナーでは、これまで一般の方向けのセミナーでは語ってこなかった「他人のスキルを事業化するノウハウ」「顧客との信頼関係のつくり方」「売れる商材の見つけ方」「相手の心に刺さるセールス術」などをお伝えしています。

 売る力があれば、世間に埋れている良い商品を見つけ出し、代わって売ることも可能となります。

 むしろ、世の中は「多くの商品が売れるのを待っている」状態だとも言えるのです。

 副業にご興味がございましたら、ぜひ覗きに来ていただければと思います!

引用元:

https://ameblo.jp/narutoshi-matano/entry-12403112860.html

 

>副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』

副業オンラインアカデミー『The Second Phase』は、サラリーマンのまま副業を立ち上げ、いずれはサラリーマンを副業にしようという方のためのプロジェクトです。
現時点で「(1)専門性がある場合」でも「⑵専門性がない場合」でも、一人ひとりが個人事業主としての目標を達成することを手助けします。
具体的には、月2回ペースにて、俣野成敏による「オンライン講義&グループコンサルティング」を行い、さらにご希望の方には、認定コーチ陣による個別フォローも行います。
詳細は、『【副業アカデミーセミナー】はじめて個人事業を起こす具体策』にてご確認ください。 あなたと新しいフェイズを創造することを楽しみにしています。

CTR IMG